時間栄養学を考えてダイエット

ダイエットのためには「いつ食べるか」というのも重要なことです。体内時計が食事に関係しているので、把握しておくとダイエットをスムーズに行うことができます。
人間の細胞には1日のリズムを刻む体内時計があります。朝は目が覚めて、夜は眠くなるというのも、体内時計が刻む概日リズム(1日周期のリズム)が働いているからです。
地球の1日は24時間ですが、人間の概日リズムは約24.5時間で30分ずれています。人間の体はこの30分を調整するために、光の刺激と食の刺激で体内時計をリセットする仕組みが備わっています。
朝に光が眼の網膜に入ると、それが視交叉上核に伝わってメラトニンが分泌されて、体内時計をリセットします。
もう一つが食による刺激で、起床時に食事をとることで、胃や肝臓、膵臓、血管などの末梢神経の臓器が刺激を受けて、それが全身に伝わって体内時計がリセットされます。
日を浴びなくても食事をすれば体内時計がリセットされるので、規則正しい食生活を行うことが重要ということです。
夜に間食をとってしまわずに、朝に食事をしっかりとることで体内時計が効果的にリセットされます。食べない時間をとることで、胃腸が休まって腸内の老廃物が便として排泄されるようになります。炭水化物、たんぱく質、脂質のバランスがとれた食事をしないとリセット効果が落ちてしまうので、三大栄養素のバランスがとれた食事を心がけるようにしましょう。血糖値を急上昇させない低GI値の食品がオススメです。
肥満予防のためには夕食は早めにとるのがポイントです。脂肪組織で脂肪の合成を促すたんぱく質(BMAL-1)は夜遅くなるほど活発になってしまうので、太るのを防ぐには18時くらいまでに夕食を済ませてしまうのが理想的です。
それが無理ならば、夕方におにぎりを軽く食べておいて、家に帰ってからおかずだけを食べるなど、血糖値を上げない食事をすると良いです。夜遅い時間の炭水化物の摂取を避けることでダイエット効果が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です